ビットコインを無料で稼ぐ!

ネット時代の新しいお金「ビットコイン」。実は無料で稼ぐ方法がたくさんあります!必要なのはPCやアプリを起動しておくだけ。
ビットコインを無料で稼ぐ方法について最新情報をどんどん配信していきます!

NHKおはよう日本でも特集 広がる仮想通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今朝のNHKで仮想通貨の特集が放送されていました。

三菱UFJのようなメガバンクも仮想通貨開発に乗り出しているようです。

一方で、投資詐欺のような怪しい仮想通貨詐欺も国民生活センターに700万件も報告されているとのことです。

最近聞く、D9、BitClub、ノアコイン、エイダコイン、などはすべて、この投資詐欺に近いものですので、詳しくない方はまず手を出さない方が安全だと思います。

詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 検証13


まず、仮想通貨を試してみたい場合は、もっとも普及しているビットコインから購入するのが確実です。
購入も聞いたことがないような業者ではなく、大手銀行が出資しているbitFlyerに口座開設するのが良いでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FreeBitco.inのルーレットは儲かるか検証

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以前の記事で紹介したFreeBitco.inのルーレットですが、儲かるのか検証してみました。

ルーレット(Hi-Loゲーム)はメニューの「MULTIPLY BTC」から利用できます。

2017-03-10_03h21_18

このゲームは、手動で行うモードと自動でプレイし続けるモードが選ぶことができます。
まずは、手動ベットでどんなゲームか試してみてください。

ルーレットを回すと、1から10000の数値が出ます。その数値が、5250より上か、4750より下かに賭けてプレイします。8888が出るとジャックポットで、高額な報酬がもらえます。簡単なハイローゲームですが、面白いのは、オッズを自由に変更することができます。オッズを変更すると、それに合わせて勝率も変化するようになっています。

ちなみにこのゲームの還元率は95%です。(4751から5249はドボンでハイローどちらに賭けていても負けになります)

そのため、確率的には自動プレイモードでずっとプレイし続けると、賭け金の5%は負けてしまう、という結果になります。

このようなゲームですが、マーチンゲール法を使って賭けてみたら、どうなるか検証してみました。
マーチンゲール法とは、負けたら賭け金を倍にして賭けて、負けを取り戻すという方法です。

通常のカジノなどでは、最大ベットの値が決まっており、倍々に賭け金を増やしていくことができず、途中で破綻してしまうのですが、このゲームの場合は20BTCまで賭けることができます。そして、最小ベットは1satoshi(0.00000001BTC)から賭けることができます。つまり、通常のカジノなどよりも多くの回数負けが続いても大丈夫で、それだけ負けを免れる可能性が高くなります。

マーチンゲール法

上図は賭け金と勝率の試算表です。(初期ベットを40satoshiにしています)
累積賭け金(累積損失)が予想される最大損失になります。さすがに1BTC以上負けるのはきついので、18回から20回ぐらいが限界でしょうか。20回の場合で、負ける確率は0.00025%(約40万分の1)です。

ちなみに、色々なものの確率についてですが、

パチンコで大当たりが出る確率 400分の1
自動車で交通事故で死亡する確率 1万分の1
飛行機事故にあって死亡する確率 20万分の1

となっています。気を付けないといけないのは、自動モードでプレイする場合は、プレイ回数を数千万回にも設定できます。当然プレイ回数が増えればそれだけ負ける可能性も高くなります。計ってみたところ、100回のゲームで約20秒だったので、24時間で約40万回ゲームできる計算になります。ずっと回し続けた場合、1日に1回死亡フラグが立つ、ということでしょうか・・・。

賭け金は勝敗によって増減しますが、1回勝つと勝ち金40satoshiなので、適当に大体1回程度で勝敗が付くとして、1日で0.16BTC(24000円)の勝ちが期待できるとします。ただし、40万分の1の確率で負けた場合は、0.42BTC(63000円)の負けとなります。


実際に回してみたところ、3万回目くらいまでは、連敗も10回程度で調子が良かったのですが、約4万回目を超えた頃に18連敗を記録し、運悪く死亡しました・・・・。

2017-03-13_03h48_59

実は初期ベットを10satoshiからにすると、20連敗まで耐えられたんですが、欲を出してしまい、途中で40satoshiに変えてしまい、その結果18連敗までしか耐えられませんでした。

このマーチンゲール法というのは、逆宝くじのようなもので、とても低い確率ながら、確実に死亡フラグは立っています。仮に40万分の1の敗率だとしても、運悪く数百回で引き当ててしまう可能性もあります。このあたりがかなりギャンブルではありますが。

ちなみに、ルーレットの倍率38倍にして、負けるたびにベットを2.8%ずつ増やすという設定で試してみたところ、死亡確率は2500分の1くらいで、上の例よりも高いのですが、結果的には儲けが出ました。

2017-03-12_23h41_08

倍率が高い分、勝ち金が増えるのも早いので、時間効率はいいかもしれません。

ちなみに、ルーレット結果は乱数を用いて発生させていますが、JavaScriptですべてソースが公開されており、サーバー側で不正ができない仕組みになっています。還元率は95%ですが、運が良ければ、そこそこ儲かるゲームだと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

自宅で簡単にビットコインを稼ぐ方法 MinerGate

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

自宅に居ながらビットコインを稼ぐ方法はいくつかありますが、簡単なものは以下の6つです。

①クリックやサイト訪問などちょっとした作業をしてビットコインをもらう
②マイニングをしてビットコインを稼ぐ
③ビットコインを投資して配当を受ける
④ビットコインを貸し出して利息を受け取る
⑤ソーシャルサイトで他の人の質問や相談に答えてビットコインをもらう
⑥カジノでビットコインを使う

この記事では、②のマイニングについて、説明します。

「マイニング」は直訳すると「鉱業」という意味ですが、ビットコインを金(ゴールド)に例えて、ビットコインに関わる流通作業(実際はコンピューター上の演算処理)を行って報酬を受け取ることを「マイニング」と呼びます。

ビットコインは2009年から運用が開始されましたが、開始当初は普通のノートパソコンでもマイニングができました。しかし、ビットコインの仕組み上、徐々に演算の難易度が上昇するように設定されており、現在はデータセンターなどで大型の専用コンピューターを使わないと報酬がもらえないような難易度になっています。

2~3年前は、自宅でUSBタイプの専用採掘機を使ってマイニングをしている方もいましたが、今はほとんどいないようです。

このマイニングですが、地味なように見えて、実はすごい報酬がもらえます。報酬もビットコインの仕組み上、徐々に減少するように設定されていて、50BTC、25BTC、12.5BTCと4年に一度くらいのペースで半減期というのが来て半分になります。ちょうど去年の7月に半減期が来て、現在は12.5BTCとなっています。

マイニングの実態は、ビットコイン取引の承認作業に関わる演算処理を行っています。この演算を最も早く解けた人に報酬が支払われます。10分に一度くらいのペースで報酬は支払われますが、正解を出すには確率的な運の良さも必要になるため、一番計算力の高いコンピューターが毎回勝利するという訳でもありません。低スペックであっても運が良ければ報酬をもらえる可能性はあります。

現在、1BTCが14万円くらいですから、1回の報酬は175万円相当です。1日に換算すると2億円以上のお金が無から生み出されることになりますから、マイニングは中国を中心に現在大きなビジネスとなっています。

各団体がどのくらいの割合でマイニングをしているかは、以下のサイトで見ることができます。
https://blockchain.info/ja/pools

2017-03-17_05h57_38
2017年3月17日時点のマイニングシェア情報


さて、冒頭でも述べたとおり、現在、マイニングは難易度がとても高くなっており、個人で行うことは不可能なレベルになっています。そこで、プールマイニングと言って、複数人で協力して、PCの計算力を合算して、マイニングを行う方法が主流になっています。また、クラウドサービスを利用して、計算リソースをレンタルして、それによってマイニングを行う方法も流行っています。ただし、クラウドマイニングに関しては、実際にはマイニング事業を行っていないのに、出資者だけを募って、ポンジスキームで詐欺を働いている業者も多数あるため、あまりに高配当なおいしい話には気を付けてください。

この記事では、プールマイニングの一つで、自宅PCでも簡単に使うことができるMinerGateというサービスを紹介します。このツールは、PCの普段使っていない計算リソース(CPUやメモリ)を使って、マイナーコイン(ビットコイン以外の暗号通貨)のマイニングができます。

2017-03-17_06h12_48

上図は2日間ほどマイニングしてみた実際の結果です。BTCに換算すると、0.0001BTC(約1.5円)ほどの採掘量でした。プールマイニングでは参加者の数や計算難易度の違いによって、どの通貨のマイニングをするのが一番効率がいいか時間とともに変わるようです。このツールでは、自動的にそれらを判断して、適当な通貨を適当なタイミングでマイニングしてくれます。上図でもキャプチャ時はXMRだけマイニングしていますが、昨日はFCNもマイニングしていました。

MinerGateの採算性ですが、電気代を考えると赤字でしょう。MinerGateのサイトでプールマイニングのクラウドサービスも提供されていますが、これも投資資金を回収するのは不可能なレベルです。

採掘したマイナーコインを円やBTCに換金せずにそのまま保有しておいて、将来的にバブルが起こるかもしれないという可能性に賭けた方がいいのかもしれません。過去のバブルでは、ビットコインは60億倍、イーサリアムは100倍など、起こっていますので、可能性はなくもありません。

一応、レンタルサーバーなどを借りて、MinerGateを動かした場合、採算性はあるのか調べてみましたが、これもやはり厳しいでしょう。MinerGateはwindowsだけでなく、macやlinux版も提供されているようです。しかし、CPUによるマイニングでは、GPUのマイニングには勝てないらしく、GPUのないVPSでのマイニングには採算性がないようです。

フォーラムの参考トピック
Free/Cheap VPS's for CPU Mining.

上記のフォーラムでは、複数の無料レンタルサーバー(10台)を使って、1日に1.5ユーロくらいの採掘ができると説明されています。時間があれば私も試してみたかったのですが、ちょっとハードルが高そうなので諦めました。それにAWSなど無料で使えるのは確か最初の1年だけなので、その後は月額費用がかかります。

徐々に計算難易度が上がり、さらに報酬は半分になり、という条件からマイニング事業は結構厳しいものだということが伺えます。

興味があってGPUマイニングに関してもちょっと調べてみました。

EthereumのGPUプールマイニングの実践(設定方法の解説)

パソコンの自作をしたこともない私には、ちょっとハードルが高すぎて試せそうにありません・・・。
ただ、上記の記事でも「計算難易度が上がる前に一気に稼いで、計算難易度が上がったら、ハードは中古で売って資金回収する」という方針が説明されていますので、やはり一度マイニングシステムを構築したからといって、延々と儲かることはないようです。

以上、ビットコインのマイニングについての記事でした。
最期に夢を打ち砕くような結末になってしまいすみません。
とにかく無料で1日に1.5円でもいいからマイニングしてみたいという方はぜひMinerGateを。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサードリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
bitFlyer 安心・安全な取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ギャラリー
  • 大手量販店でもビットコイン決済導入開始
  • 【相場・市況】あ・・・10万円割らずに反発してる・・・
  • 【相場・市況】3月25日 どうにか10万円台をキープしてるが・・・
  • 【相場・市況】3月24日 下げ止まった?これから下げる?
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 【建玉情報】一日でロスカット3回。この暴落は・・・。
  • ビットコイン消滅の危機 開発者/マイナー/取引所 それぞれの思惑
  • 【建玉情報】またビットコイン下落!135000円付近
  • ライブドアブログ