ビットコインを無料で稼ぐ!

ネット時代の新しいお金「ビットコイン」。実は無料で稼ぐ方法がたくさんあります!必要なのはPCやアプリを起動しておくだけ。
ビットコインを無料で稼ぐ方法について最新情報をどんどん配信していきます!

2017年03月

【建玉情報】一日でロスカット3回。この暴落は・・・。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

昨日からビットコインが大暴落しています。もう30%近く下げています。
「なんだよ、このチャート・・・」と笑いたくなりますが。

2017-03-19_08h38_06


これは日足のチャートですが、すさまじい下げ方です。まさにナイアガラの滝。

3月に入ってから、最高値162120円から、最低値109200円です。

10万円を割るのではないでしょうか。

買いポジションを持っていて、ずっとナンピンしていたのですが、死亡しました。
昨日からロスカットを三回食らって、今月入金した分、約14万円をすべて溶かしてしまいました。
ビットコイン恐ろしい・・・・。

反転上昇があると思うので、レバレッジが20倍まで使えるOKcoinに20万円入金し、40BTCのポジションを持てば、2万円回復するだけでも、即金で80万円の儲けです。4万円回復すれば、160万円!

などと、ちょっと熱くなって来てしまったので、冷静になります。

これは死亡フラグを感じます。負けて、熱くなって、追加入金!はやってはいけない死亡パターンだったと思います。

という訳で、ちょっとブログでも更新して頭を冷やすことにしました。

今回の失敗点①

バカだったな、と思うのですが、追加入金した分をビットコインに換金して、ビットコインで証拠金入金をしてしまいました。先日のブログに書いた通り、ビットコイン上昇信者だったので、上がることしか考えていませんでした。

ビットコインでの証拠金入金は、当然ながら、ビットコインが上昇する局面ではどんどん証拠金評価額が大きくなり有利なのですが、反転、下落局面では評価損失が増えるのと同時に、証拠金評価額自体が減少していくので、ダブルで追い詰められます。

昨日、まだビットコインが13万円台だったときに、4万円分換金したのですが、それが現在は10万円台ですので、それだけで1万円近い損失です。

そんな凡ミスもあり、ロスカットを食らいました。


今回の失敗点②

ロスカットを食らったあと、買いではなく、売りポジションを立てて、損失を取り返そうとしたのですが、運悪く、小幅に反発してしまい、また含み損になってしまいました。

そこで、ストップ注文を入れて、放置しようと思ったのですが、bitFlyerの特殊注文の仕様では、決済注文という概念がないようで、新規注文として、注文必要証拠金がカウントされてしまいました。

そのせいで、注文を入れた途端、充当ルールが適用され、含み損のまま売りポジションが反対売買されてしまいました。12万台で売っていたので、そのままポジションを持っていれば、今頃、2万円近い利益が出ていたはずです。

しかし、①の点も考慮しなくてはいけず、ビットコイン現物を保有している以上、このままビットコインが下落していくのは、それだけで損失の垂れ流しです。いくら売りポジションを持っていても、素直に下落を喜べない心境です。こういう局面も想定すると、やはり、証拠金は円で扱う方がやり易いでしょうね。

(証拠金もビットコインで保有させるとか、完全に業者の算段にはめられた気がします。14万円台という高値でビットコインを購入した多くの方の資産がこの数時間の間に消滅していってます。)


今回の失敗点③

②のあとから、負けを取り返そうと熱くなってしまい、無茶な注文をしてしまいました。ここまで下げたら、どうせ上がるだろう、ビットコインは一晩寝て目が覚めたら元通り、ということが過去に何度もありましたから、そんなノリで買いポジションを立ててしまいました。11万円台半ばで。

そのポジションがあえなく先ほどロスカットされ、総資産を溶かして、退場となってしまいました。


さて、こうなると、どこまで下げて、どこで買うのが挽回のチャンスになるかということですが。値動きは早いので、やるなら迅速に動く必要があります。一日ゆっくり考えてると買い時を逃しそうです。

昨年の半減期前の実勢価格が3万円台~4万円台でした。これでマイニング業者は十分に利益が取れていたので、採掘量が半減した現在では、価格6万円台~8万円台がマイニングの採算性から見た相場ということになります。そう考えると、10万円越えという状況は一時のバブルだったと言えなくもありません。

上の日足チャートを見ると、1月の暴落時にも8万円台後半で下げ止まっています。一方、2月以降、10万円を超えてからは足が上下に長くなる日が多く、価格が不安定になっていることがわかります。3月は1日に1万円以上動く、乱高下を繰り返す状態です。

テクニカチャートの分析からは、105000円が一つの抵抗線になっているそうですが、あまりビットコインの相場ではテクニカルどおり動いていないことが多いので、足元のビットコイン分裂問題が早期に収束しなければ、おそらく割れてくるでしょう。

そうなると、マイニング採算性を維持するためのライン、8万円台が底ではないかと思います。10万円を切ったあと、9万円台はエアポケットのようにすり抜けて、8万円台まで下がると思います。

慎重に行くなら、8万円台で買い始めて、6万円台までの下落を見据えての売買になるかと思います。
いずれにしても長期線は未だに上向きなので、押し目買いというスタンスが良いと思います。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン消滅の危機 開発者/マイナー/取引所 それぞれの思惑

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

昨日からビットコインが暴落(145000円付近から125000円付近まで約14%の下落)しています。

最初はいつもの乱高下かと思っていたのですが、今回ははっきりとした材料があったようで、事の顛末によってはさらに市場が混乱しそうです。

ビットコイン取引所19社、差し迫る「ハードフォーク危機」に向け共同書簡を公表
Bitcoin Unlimitedによるハードフォーク問題に対するビットコイン取引所からの共同声明文(和訳)
ビットコイン分裂阻止へ、「Bitcoin Unlimitedは新通貨」と取引所18社

ちなみに、私が使っているbitFlyerは共同声明に名を連ねていないようです。
一方、老舗というか、そんなに勢いがないように感じていたZaifとかはきちんとニュースを出していたりして、ビットコイン業者の性格が垣間見える気がします。bitFlyerは大手だけにこういう時にフットワーク軽く動けないのでしょうか。はたまた、マイニングテロリストのBitcoin Unlimitedに肩入れしているのでしょうか。その辺は伺い知れません。

今回の事件、急に出てきた話かと思ったら、数年前から揉めていたようです。(三つ目の記事参照)
最近になって、マイニングシェアの独占がビットコインの独立公平性を奪うという話は聞いたことがありましたが、こんな形でニュースになるとは思いませんでした。

ブロックチェーンというのは、分散並列型のデータベースのことですが、マイニングというのは、このデータベースへの書き込み処理をしているようなものです。それで、開発者というのは、このデータベースの仕様を設計したり、改善したりしている人たちです。普通、プログラムのソースというのは開発者が書き換えて公開すれば、それで済んでしまうことですが、ブロックチェーンは多くのマイナーによって共有されているので、多くのマイナーがプログラムの更新に同意して、プログラムをアップデートしてくれないと、更新が受け入れてもらえません。

現在、開発者とマイナーが仲たがいをしているため、新しいアップデートが反映されない状況になっているようです。さらに、マイナーたちの中でも特に大きな力(ハッシュパワー:計算力)を持つところが、強引に新しいビットコインのプログラムをアップデートしようとしているようです。それによって、現在あるビットコインと、新しく作られるビットコイン、のようにビットコインが分断してしまう危機にあるようです。それに対して、取引所団体は、現在あるビットコインと互換性のあるものをビットコインとして扱う、分断した方のビットコインは、現在のビットコインと独立して扱うことができるなら新たなコインとして取り扱うかもしれない、と声明を発表しています。つまり、ハッシュパワーにモノを言わせて、勝手に新しいビットコインを作っても、そんなものビットコインとしては認めないというスタンスですね。

ただ、かといって、現在のビットコインも処理能力上の限界に達しており、何らかの改善策を打たないといけないようです。それに、マイナーたちの大半が離反してしまった場合、ビットコインのマイニングを担うものがいなくなり、事実上ビットコインは取引ができなくなってしまいます。

そんな複雑な局面にあるようです。現在、ビットコインの総資産額は2兆円に達しており、これがある日消滅するようなことになれば、経済へのインパクトは計り知れないでしょう。それ以上に、これだけビットコインが普及したと言っても、一日でその時価がメジャー通貨に対して15%も変動してしまう通貨は信頼性のある通貨とな言えないでしょう。もし給料がビットコインで払われていたら、30万円分もらったものが、翌日になったら、25万円分になっていたという状況です。これはひどい。

昨年、The DAOというブロックチェーン技術を使ったクラウドファンディングサービスがやらかして、イーサリアムが二つに分断することがありました。その後、TheDAOについてはどうなったのかあまり情報がなく、しめやかに密葬されてしまいました。さすがにビットコインでそれはないと思いますが、1ユーザーとしては気が抜けません。ある日自分の保有していたビットコインがもう使えない過去のコインになっていたなんてことになったら大変です。そう感じた多くの保有者は、この問題が終結するまで、法定通貨や安全資産に資金を逃がしているんでしょう。・・・ということはもっと価格が下落するのでしょうか・・・?


私のビットコインポジションですが、
とりあえず、追証通知が来まして、追加入金4万円して、さらにナンピンで0.4BTC買いましてみました。

2017-03-18_10h40_36


こういう相場が荒れるときほど、一攫千金のチャンスかもしれませんね。

口座開設は、bitFlyerへ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【建玉情報】またビットコイン下落!135000円付近

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


昨日、含み益で14000円くらい出ていたので、安心していたのですが。

2017-03-16_08h10_28


今は・・・。

2017-03-17_11h39_22


一転、マイナスに・・・。

これだから、ビットコインは・・・。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

NHKおはよう日本でも特集 広がる仮想通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今朝のNHKで仮想通貨の特集が放送されていました。

三菱UFJのようなメガバンクも仮想通貨開発に乗り出しているようです。

一方で、投資詐欺のような怪しい仮想通貨詐欺も国民生活センターに700万件も報告されているとのことです。

最近聞く、D9、BitClub、ノアコイン、エイダコイン、などはすべて、この投資詐欺に近いものですので、詳しくない方はまず手を出さない方が安全だと思います。

詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 検証13


まず、仮想通貨を試してみたい場合は、もっとも普及しているビットコインから購入するのが確実です。
購入も聞いたことがないような業者ではなく、大手銀行が出資しているbitFlyerに口座開設するのが良いでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FreeBitco.inのルーレットは儲かるか検証

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以前の記事で紹介したFreeBitco.inのルーレットですが、儲かるのか検証してみました。

ルーレット(Hi-Loゲーム)はメニューの「MULTIPLY BTC」から利用できます。

2017-03-10_03h21_18

このゲームは、手動で行うモードと自動でプレイし続けるモードが選ぶことができます。
まずは、手動ベットでどんなゲームか試してみてください。

ルーレットを回すと、1から10000の数値が出ます。その数値が、5250より上か、4750より下かに賭けてプレイします。8888が出るとジャックポットで、高額な報酬がもらえます。簡単なハイローゲームですが、面白いのは、オッズを自由に変更することができます。オッズを変更すると、それに合わせて勝率も変化するようになっています。

ちなみにこのゲームの還元率は95%です。(4751から5249はドボンでハイローどちらに賭けていても負けになります)

そのため、確率的には自動プレイモードでずっとプレイし続けると、賭け金の5%は負けてしまう、という結果になります。

このようなゲームですが、マーチンゲール法を使って賭けてみたら、どうなるか検証してみました。
マーチンゲール法とは、負けたら賭け金を倍にして賭けて、負けを取り戻すという方法です。

通常のカジノなどでは、最大ベットの値が決まっており、倍々に賭け金を増やしていくことができず、途中で破綻してしまうのですが、このゲームの場合は20BTCまで賭けることができます。そして、最小ベットは1satoshi(0.00000001BTC)から賭けることができます。つまり、通常のカジノなどよりも多くの回数負けが続いても大丈夫で、それだけ負けを免れる可能性が高くなります。

マーチンゲール法

上図は賭け金と勝率の試算表です。(初期ベットを40satoshiにしています)
累積賭け金(累積損失)が予想される最大損失になります。さすがに1BTC以上負けるのはきついので、18回から20回ぐらいが限界でしょうか。20回の場合で、負ける確率は0.00025%(約40万分の1)です。

ちなみに、色々なものの確率についてですが、

パチンコで大当たりが出る確率 400分の1
自動車で交通事故で死亡する確率 1万分の1
飛行機事故にあって死亡する確率 20万分の1

となっています。気を付けないといけないのは、自動モードでプレイする場合は、プレイ回数を数千万回にも設定できます。当然プレイ回数が増えればそれだけ負ける可能性も高くなります。計ってみたところ、100回のゲームで約20秒だったので、24時間で約40万回ゲームできる計算になります。ずっと回し続けた場合、1日に1回死亡フラグが立つ、ということでしょうか・・・。

賭け金は勝敗によって増減しますが、1回勝つと勝ち金40satoshiなので、適当に大体1回程度で勝敗が付くとして、1日で0.16BTC(24000円)の勝ちが期待できるとします。ただし、40万分の1の確率で負けた場合は、0.42BTC(63000円)の負けとなります。


実際に回してみたところ、3万回目くらいまでは、連敗も10回程度で調子が良かったのですが、約4万回目を超えた頃に18連敗を記録し、運悪く死亡しました・・・・。

2017-03-13_03h48_59

実は初期ベットを10satoshiからにすると、20連敗まで耐えられたんですが、欲を出してしまい、途中で40satoshiに変えてしまい、その結果18連敗までしか耐えられませんでした。

このマーチンゲール法というのは、逆宝くじのようなもので、とても低い確率ながら、確実に死亡フラグは立っています。仮に40万分の1の敗率だとしても、運悪く数百回で引き当ててしまう可能性もあります。このあたりがかなりギャンブルではありますが。

ちなみに、ルーレットの倍率38倍にして、負けるたびにベットを2.8%ずつ増やすという設定で試してみたところ、死亡確率は2500分の1くらいで、上の例よりも高いのですが、結果的には儲けが出ました。

2017-03-12_23h41_08

倍率が高い分、勝ち金が増えるのも早いので、時間効率はいいかもしれません。

ちなみに、ルーレット結果は乱数を用いて発生させていますが、JavaScriptですべてソースが公開されており、サーバー側で不正ができない仕組みになっています。還元率は95%ですが、運が良ければ、そこそこ儲かるゲームだと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサードリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
bitFlyer 安心・安全な取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ギャラリー
  • 大手量販店でもビットコイン決済導入開始
  • 【相場・市況】あ・・・10万円割らずに反発してる・・・
  • 【相場・市況】3月25日 どうにか10万円台をキープしてるが・・・
  • 【相場・市況】3月24日 下げ止まった?これから下げる?
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 【建玉情報】一日でロスカット3回。この暴落は・・・。
  • ビットコイン消滅の危機 開発者/マイナー/取引所 それぞれの思惑
  • 【建玉情報】またビットコイン下落!135000円付近
  • ライブドアブログ