こんにちは。ミヤマエ です。

ポンド危機も過ぎて、あとは半減期に向けて、上昇するだけかと思いきや、そんなに単純な動きにはなりませんでした。

本日も続落しています。ポンド危機は過ぎた訳ではなく、まだ市場に不透明感が広がっていて、週明けにはさらなる株安が進むと予想されます。それに引きずられる形でBTCも下落しています。

しかし、先週の危機の局面では、円や金と並んで、リスクヘッジ資産としてBTCも買われていたので、この動きは解せないものがあります。

下落して買い頃感のある法定通貨に資金が流れているのでしょうか。BTCから円、ポンドへの資金の流れです。(金相場を見てみましたが、よくわからず・・。土日も取引可能なBTCの特性がこういうときはやっかいです)

という訳で、どちらに動くかさっぱりわからなくなってしまいました。

半減期は7月10日頃ということです。実際にどんな風に半減期がやってくるのか、詳しいことはわかりませんが、マイナーの人たちはリアルタイムでいつ起きるかわかるようです。

現在、BTCは価格が落ちたといっても6万円台を維持しています。1BTCの採掘原価が約200ドルと言われていますから、半減期を過ぎても400ドルになるだけです。そうすると、現在の価格6万円は既に半減期を織り込んだ価格と考えることもできます。2万円の価値のものが、8万円まで半減期バブルで上昇し、バブルがはじけて6万円まで落ちたとも考えられるのです。

そうすると、現在の下落は一時的なものでなく、3万円台まで落ちる下落トレンドの始まりかもしれません。

現在、私は少量のポジションをロングしていますが、半減期まではロスカットされても、ロングで立て続けるつもりです。(半減期上昇信者)

半減期以降は、5年、10年というスパンで見れば、上昇トレンドになると予想しますが、目先では価格調整の下落が予想されます。テクニカルに従って、慎重にポジションを取りたいと思います。

それでは。今回も最後までお読みくださりありがとうございました!


仮想通貨 ブログランキングへ