ビットコインを無料で稼ぐ!

ネット時代の新しいお金「ビットコイン」。実は無料で稼ぐ方法がたくさんあります!必要なのはPCやアプリを起動しておくだけ。
ビットコインを無料で稼ぐ方法について最新情報をどんどん配信していきます!

ビットコインとは?

ビットコインの始め方 ビットコイナーになろう!

前回は、ビットコインの大まかな話をしました。

ただ、話を聞くだけでは、よくわかりませんよね?

私もそうでした。

数百円という少額から購入することができるので、

まずはためらわず、実際に購入してみましょう。


ビットコインの購入は販売所・取引所で行います。

銀行のようなものですが、実店舗はありません。

すべてネットでの取引になります。

日本では、有名どころとして、以下のようなサービスがあります。

bitFlyer
・coincheck
・bitbank
・Zaif
・BTCBOX
・Quoin

まずは、大手銀行も出資していて、インターフェースも使いやすい、

bitFlyerがいいでしょう。

気になる方は比較サイトなどがたくさんありますから、

そちらをご確認ください。


実際の口座開設方法や入金、購入方法は、

サイト内のヘルプが充実していますから、

そちらをご参照ください。


では、ここでは、無事0.01BTC購入できたとして、

このbtcで色々試してみましょう。

まず、bitFlyerの口座にそのままビットコインを保管していてもいいのですが、

ビットコインにはウォレットという概念があり、

ビットコインは色々なウォレットに入れて持ち歩くことができます。

bitFlyerの口座もウォレットの一種になります。

オンラインウォレットなどどいったりしますが、

他にも色々な種類があります。

デスクトップウォレット、ハードウォレット、ペーパーウォレット、など。

スマフォアプリのウォレットもあります。

ひと昔前は、bitFlyerのような外部のウォレットに大金を置いておくと、

取引所がハッキングされたときにコインが盗まれるなどの心配がありました。

ただ、最近はそういう心配も減りましたし、数万円くらいの額であれば、

いちいちウォレットを移し替える必要はないと思います。


今回は、練習として、スマフォアプリ用のウォレットをダウンロードして、

それに少しコインを移してみましょう。

Myceliumというアプリがお勧めです。

bitFlyerからビットコインをMyceliumへ送金します。

詳細な方法は各サイトやアプリのヘルプに載っているので割愛します。

実際にコインを移すことで、アドレスの入力方法とか、手数料がどのくらいかかるかとか、

送金の承認にどのくらいかかるかわかると思います。

さらに、送受信に使ったビットコインのアドレスを、

https://blockchain.info/

というサイトで検索すると、

送受信の履歴を確認することができます。

実は、ビットコインの取引は、このようにブロックチェーンというデータベースに

すべて記録される仕組みになっています。


bitFlyerでは、販売所の他に取引所などもあります。

販売所・・・業者からコインを買う。(割高)
取引所・・・個人間でビットコインと円の交換を行う。
lightning・・・ビットコインの現物取引(取引所の高機能版)
BTC-FX・・・ビットコインの証拠金取引(レバレッジを掛けた取引ができます)

ややこしいのですが、ただ買うだけなら、取引所がいいでしょう。
時間がなくて、多少高くてもとにかく買いたいという場合は販売所。
他は、利ザヤ益を狙って売買を繰り返すものなので、FXなどの経験者向けです。

ここまでの機能でも、十分にビットコインを満喫できると思いますが、

せっかくですから、もうひとつ面白いサービスを紹介しておきます。

https://goo.gl/gPpQXC

purseというサービスです。(英語のみ)

これは、amazonと連携したサービスなのですが、

amazonでほしいものリストに商品を登録して、

それをpurseに連携すると、最大25%割引で商品を購入することできます。

amazonのいいところは、即日配達してくれるとこですが、

purseを使う場合は、誰か商品を購入してくれる人が現れるのを待つ必要があり、

実際に商品が届くまで、数日から数週間かかります。

それから、システムの特性上、商品を購入してくれた第三者に、

自分の住所・氏名と購入品がわかってしまいますので、

そういうのが嫌な人は利用しない方がいいと思います。
(もしくはamazonでダミーアカウントを作るなど)

とはいえ、このpurseは決済としてビットコインしか使えないので、

ビットコインは必須になります。

purse×bitcoinで、買い物をすることで、今よりも25%も安く買えると考えれば、

十分メリットがあるのではないでしょうか。


リアルでは、六本木とか銀座に、ビットコインが使える店舗もあるようですが、

正直、行くのが面倒ですし、そういうのは単なるお遊びみたいなものです。

現金かクレジットで払った方がよっぽど効率がいいです。
 

初めてのビットコイン そのいろは

はじめまして。

昨年、4月頃からビットコインを使い始めました。

2016年は、仮想通貨法案の成立もあり、

あれよあれよという間に、

普及が進んでいるような気がします。

楽天やDMMなど、

オンラインショッピングの決済で使えるところも

増えてきましたよね?


このブログでは、ビットコインが初めての人から、

海外で配信されているビットコイン関連の最新情報を、

タイムリーに配信していきたいと思います。


早速、1回目の内容ですが、

「まずはビットコインに慣れてみよう!」

というテーマです。


・ビットコインって最近聞くけど何?
・なんだか怪しくない?
・マウントゴックスで飛んだあれでしょ?
・どうやって使うの?
・どこで使うの?


などなど・・・・


そういう初めの一歩を思いとどまらせてしまう疑問を

解消したいと思います。


まず、「ビットコイン」と検索すると、

「仮想通貨」、「ブロックチェーン」、「暗号通貨」、
「マイニング」、「分散型並列データベース」・・

など、???というキーワードが出てきますが、

一旦、そういうのは無視してしまって大丈夫です。

こういうキーワードは、ビットコインに関するシステムを作ったり、

技術を開発する側の人たちの話なので、

利用者は特に気にしなくて大丈夫です。


簡単に言ってしまうと、

「ビットコインとは、お金として使えるポイントのようなものです」

※しかし、仕組みや概念は全然違います。


だったら、

・Suica
・PASMO
・nanaco

とかと同じ?という疑問が出てくると思いますが、

基本的にはそういうことです。

こういうのを「電子マネー」と言いますが、

電子マネーは企業が発行しています。

つまり、電子マネーの価値を保証しているのは、

企業ということになります。

このあたりが、ビットコインとの本質な違いなのですが、

まあ、最初の頃は意識しなくていでしょう。


覚えておくこととしては、

「Suica1ポイントは1年経っても、1円の価値しかないけど、
ビットコインは1年経つと、価値が変わってるかもしれない」

という点です。

Suicaは円との交換レートが固定されていますが、

ビットコインは変動するのです。

このあたりが、ドルやユーロなどの通貨と似ていますね。


次に、信用できるのか?についてですが、

これは1~2年前の状況だと、結構大きな誤解をされていたのですが、

現在では大手銀行や有名企業もサービスに参加しているので、

それを根拠に信用して大丈夫でしょう。

ただし!ビットコインの亜種として、

色々なマイナーコインがあります。(3千種くらい)

こういうのはほとんど信用できないものですし、

実際に使う場面も少ないので、

とりあえず、ビットコイン1本で初めはいきましょう。


続いて、買い方、使い方、について説明します。

まず買い方ですが、

販売所・取引所 などど呼ばれているところで買うことができます。

銀行のようなものだと思ってください。

口座を作るのに、本人確認や初回入金(少額でOK)が必要ですが、

手順どおりにやれば、誰でも簡単にできる手続きです。


使い方は、メールを送るような感じです。

ビットコインの口座名は、メールアドレスのような

長いアルファベットの羅列になっています。

このアドレスを指定して、送りたい金額を入力すればいいだけです。

注意点としては、ビットコインは送金後、取引が承認されるまで、

最低でも10分くらいかかります。

え???

って思いませんか?

コンビニで支払いするとき、ピッてやって10分待てとか、

はああ???てなりますよね。


しかし、それがビットコインというものなんです。

ただ、この10分なんですが、送金先がどんなに遠方だったとしても、

10分なんです。しかも土日も使えます。

例えば、海外送金と比較した場合どうでしょう。

通常、海外送金は、4~5営業日、手数料が数百から数千円かかります。

これに比べると、ビットコインははるかに早くて、手数料も安いのです。

だから、世界がグローバル化するに従い、その需要も高まってきます。


その他、どの政府にも管理されていないので、

経済政策の影響を受けないとか、全世界共通で使えるとか、

金(ゴールド)と同様に安全資産になるとか・・・・

その辺りは、慣れるに従って、情報が入ってくると思います。

今回はこのくらいにして、

次回は具体的にビットコイナー(ビットコイン保有者)として、

どんな風に購入から支払いをするか、もう少し詳細を説明します。 

【bitcoin】仮想通貨の安全性について

こんにちは。ミヤマエ です。


先日の記事で「ランキング参加中です!」と書いたら、
早速、応援ポチをしてくれた方がいました。
ありがとうございます!

「仮想通貨の安全性はどうなんでしょうか?」
という質問をいただいたので、
私の知る限りでご案内したいと思います。


◆仮想通貨の安全性は?

法定通貨に比べるとまだ弱いというか、何も保証されません。(笑)

仮想通貨は、ウォレットというアプリケーションで自分の資金を管理するための、「プライベートキー」というのを管理するのですが、この「プライベートキー」をなくしてしまうと、もうその資金にはアクセスできなくなってしまいます。

実際に、イギリスで、7億円のビットコインを保管したハードディスクを間違って捨ててしまったという事件がありました。この場合、そのハードディスクに記録されたウォレットの「プライベートキー」が分からなくなってしまうので、もう誰もその7億円を使うことはできません。

法定通貨であれば、なくしたり、破れたりした場合、警察に届けるとか、銀行で再発行してもらうということができますが、仮想通貨はそういう保証はまだ何もないのです。


では、盗まれたり、詐欺にあったりした場合はどうなるか?というと、これもまだ社会的なシステムとしても、技術的なシステムとしても完備されていません。

ビットコインの取引はすべてブロックチェーン上に記録されているので、その履歴をたどれば、どのアドレスからどのアドレスに資金が移動したかはすぐにわかります。従って、原理的には、詐欺にあったり、盗まれたりしても、その送金先をずっと追跡していくことができます。

そして、どこかで法定通貨と換金しないと使えませんので、取引所で個人認証をするようにしておくと、犯人を特定できるようになるでしょう。まだ、個人認証の義務化が徹底をされていなく、国によっても規制にはばらつきがあります。日本では、仮想通貨法が可決され、1年以内に施行される予定です。法が施行された後は、取引所は登録制になり、個人認証も義務化されます。

そのような規制ができると、取引所を介さずに、直接ビットコインと現金を交換する場面が想定されますが、その場合は、現行の麻薬捜査のような方法で取り押さえることになるでしょう。


大体、以上のような内容が以下の書籍に書いてありました。
こちらの書籍のP42~48から参考になると思います。




また、少し話はそれますが、最近の話題としては、以下のようなニュースもありました。

みずほ・日本IBM、仮想通貨による決済検証へ

“東証”のような仮想通貨インフラに--ビットコイン取引の「QUOINE」が17億円の資金調達


それでは。今回も最後までお読みくださりありがとうございました!


仮想通貨 ブログランキングへ

【bitcoin】ビットコイン使うメリットって何?

こんにちは。ミヤマエ です。

前回、「ビットコインはどうやって使うの?」という記事を書いたのですが、それを説明したあとに、今度は、「(色々面倒そうだけど)使うメリットって何?」という質問を受けました。

私の実感としては、「送金が便利」ということです。
店頭での利用は確かに不便なのですが、オンラインで送金することを考えると、従来の方法よりはるかに便利なのです。

例えば、FXをしていて、銀行口座からFX口座に入金することを考えましょう。
クイック入金というサービスを使うと即時入金できますが、銀行のサイトにログインして、ネットバンキングを使う必要があります。口座番号、ログインID、パスワード、ワンタイムパスワード、などなど、色々入力して、いくつも画面遷移があって、ようやく入金処理ができます。
しかも、銀行が変わると、また違うやり方になったりします。それから、クイック入金に対応している銀行とそうでない銀行がありますから、銀行間で資金を移動しないといけなかったりします。銀行間の振込は3時を過ぎると翌日扱いになります。

こういう面倒な送金に比べると、アドレスを指定して送金するだけで、約1時間で24時間いつでも送金できるというビットコインの決済は非常にシンプルで簡単です。

これが最大のメリットだと思います。「資金移動が非常に楽になる」

この延長線上に、海外送金が楽とか、送金手数料が安いとか、そういうメリットがあります。

ですので、ビットコイン決済が利用できるサービスが増えれば、それだけ資金移動が簡単にできるようになりますので、どんどん便利になっていきます。

それでは。今回も最後までお読みくださりありがとうございました!

【bitcoin】ビットコインってどうやって使うの?

こんにちは。ミヤマエ です。

ビットコインが良い良いとオススメしているのですが、友人から以下のような素朴な質問をされたので、説明したいと思います。

「ところで、ビットコインってどうやって使うの?」

考え方としては、二つあります。
①ビットコインをお金として扱い、そのままビットコインで決済する
②ビットコインを他の通貨に換金して、その通貨で決済する

①はスイカやedyと似たような使い方です。
使う先のお店で、スイカやedyに対応してくれていれば、そのままカードをかざしてピッと決済できるように、ビットコインで商品が販売されていれば、そのままビットコインで支払いをします。

ビットコインの受け渡しは、現物の通貨や電子マネーに比べるとまだまだ改良の余地があると言えるもので、そんなに便利ではありません。送信先のウォレットのアドレスを確認して、送金金額を入力して、送金します。アドレスはただの文字列なので、直に入力する、QRコードで読み取る、コピー&ペーストする、メールでもらう、など、色々な方法でやりとりできます。金額は1BTCが約7万円だとすると、1000円なら0.0142BTCのようになります。ちなみに、送金には10分から1時間かかります。また送金手数料が数円程度ですがかかります。

お気づきのように電子マネーや現金に比べると決して便利な感じがしません。気楽にコンビニや店頭で使える感じではないのです。

②は、先に現金に換えておく、という使い方です。

手軽な方法としては、ビットコインのデビットカードがあります。
以下のリンクから申し込むとカード発行料が25%安くなりますので、ご利用ください。

https://www.e-coin.io/?ref=c494614fcbfa4c20941826838a0d9128

ビットコインのデビットカードと言っても、ビットコインをそのまま決済に使える訳ではなく、ドルやユーロに換金して、それから利用することになります。

専用のアプリがあるので、自分のビットコイン口座からドル口座に資金を移動します。チャージする、デポジットする、という表現でもイメージしやすいと思います。この時のレートは実勢レートで換金されます。そして、マスターカードのデビットカードとして利用できるので、ドル決済で利用することになります。ショッピングの時は手数料はかかりませんが、現金として引き出すときは結構手数料がかかります。カード自体はメールアドレスだけで簡単に発行できますが、本人確認などをしないとカードの利用金額に制限がついていますので、長く使うことはできません。

さて、以上を踏まえて、今の日本でビットコインを使うことを想定すると、上記のデビットカードと専用アプリを使うことになりそうです。いくらかビットコインで保有しておいて、ビットコインを使うときはアプリで送受信して、通貨決済が必要な時はデビットカードにチャージして支払うという方法になります。

いずれにしても、ビットコイン、ドル円、のレートによって、結構な為替差益が発生しますので、楽しいと言えば楽しいですし、保守的な方にとっては、安心できない感じがすると思います。

以上、今回はビットコインの使い方を紹介させてもらいました。

それでは。今回も最後までお読みくださりありがとうございました!
スポンサードリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
bitFlyer 安心・安全な取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ギャラリー
  • 大手量販店でもビットコイン決済導入開始
  • 【相場・市況】あ・・・10万円割らずに反発してる・・・
  • 【相場・市況】3月25日 どうにか10万円台をキープしてるが・・・
  • 【相場・市況】3月24日 下げ止まった?これから下げる?
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 自己アフィリよりも儲けやすいbitFlyerの「ビットコインをもらう」サービス
  • 【建玉情報】一日でロスカット3回。この暴落は・・・。
  • ビットコイン消滅の危機 開発者/マイナー/取引所 それぞれの思惑
  • 【建玉情報】またビットコイン下落!135000円付近
  • ライブドアブログ